イベント

鹿児島マラソンは中止?開催?中止すべきとの意見も!最終判断はいつ?

2020年3月1日(日)8時30分より開催予定の鹿児島マラソン。

同じ3月1日に開催予定だった東京マラソンは、一般ランナーの参加を取りやめエリートの部及び車いす走者のエリートの部のみを開催すると発表しました。

 

加えて、参加料の払い戻しはしないことが話題にもなりました。

参考記事:東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

 

全国各地のマラソン大会でも中止を発表したり、開催の可否を検討に入ったりと慌ただしい様相を見せています。(他のマラソン大会の決定は、一部ではありますが後述します)

各地で様々な対応を見せていますが、

鹿児島マラソンは中止?開催?どちらなのでしょうか?最終判断はいつなのでしょうか?

 

また、中止すべきとの意見もあるようですが、その部分についても触れていきたいと思います!

 

それでは、「鹿児島マラソンは中止?開催?中止すべきとの意見も!最終判断はいつ?」と題して、鹿児島マラソンの開催の対応を中心にお伝えしていきます!

Sponsored Links

鹿児島マラソンは中止?開催?

まず鹿児島マラソンは中止なのか?それとも開催なのか?について見ていきましょう。

鹿児島マラソン2020の公式ホームページ内のお知らせ「新型コロナウイルス感染症への対応について②」(2020年2月18日掲載)には以下のように記載されています。

2020年02月18日

日頃から鹿児島マラソンにご理解とご協力をいただき誠にありがとうございます。

本実行委員会事務局には、大会開催の可否について多くのお問い合わせをいただいておりますが、現時点においては、新型コロナウィルス感染症に関する最新の情報収集に努めながら、『鹿児島マラソン2020』の開催に向けて、準備を進めているところでございます。

開催にあたりましては、人が密集する場所で従事するスタッフへのマスク配布、受付会場や更衣所など各ポイントへの消毒液の設置、給食提供の際の衛生面への徹底をはじめ、可能な限りの感染症対策を講じてまいりたいと考えております。

なお、今後の感染状況や社会情勢等によっては、大会開催を見直す可能性もあります。

大会開催の可否を含む必要な情報につきましては、今後とも大会ホームページ等で発信してまいります。

重ねてのお願いになりますが、ランナー、ボランティア、応援者及び関係者等として参加を予定されている皆様におかれましては、公的機関等から正確な情報を入手するとともに、マスクや手洗い、うがい等の感染症対策を行い、体調管理にご留意下さいますようお願いいたします。

 
鹿児島市ホームページ 関連情報URL
[pz-linkcard-auto-replace url="http://www.city.kagoshima.lg.jp/kenkofukushi/hokenjo/hoyobo-kan/kenko/kenko/ryuko/ryuko/shinngatahaien.html"]

引用元:鹿児島マラソン2020公式ホームページ

「鹿児島マラソン2020の開催に向けて準備を進めている」との文言がありますね。

 

さらに南日本新聞には、鹿児島マラソン2020実行委員会が鹿児島市長に大会を予定通り開く方針であることを報告したと報道されています。

参考記事:鹿児島マラソン「開催」、市長へ報告 実行委

 

大会開催の最終判断はいつ?

続いて、大会開催の最終判断はいつなのかについてですが、

最終判断は大会当日の午前4時半(予定)に大会ホームページで発表しますと、鹿児島マラソン2020公式ホームページのQ&Aに掲載されています。

午前4時半ということは、開始時間の4時間前に発表ということですね。

ギリギリまで公表という形を取らないわけですが、現状では簡単に結論は出ないのは致し方ないのでなんとか開催したいという思いがあるのでしょう。

 

鹿児島マラソン|中止すべきとの意見も!

新型コロナウイルスの影響により、各マラソン大会の実行委員会は様々な対応を発表しています。

ここまでお伝えしたとおり、鹿児島マラソン2020は開催の予定で進められているわけですが、中止すべきとの意見も多く見られます。

 

 

 

新型コロナウイルスの感染が拡大しているので開催は中止すべきではないかとの意見は多く見受けられますね。

東京マラソンの一般ランナーの参加中止によりマラソン大会の開催可否が注目されるようになり、マラソンの開催ばかりに目が向くのは賛同しかねるとの意見もあります。

 

一方で、開催の予定に賛成する意見も

一方で、開催に賛成する意見も見受けられます。

 

 

参加される予定の方々は時間を費やして練習を重ねてきたことや、各地でマラソン大会が中止になっているので、今シーズンに走りたいという気持ちが強いのだと思います。

この日のために遠方から来られる方もいらっしゃるので、なんとか開催したいという実行委員会の思いもあるのかもしれませんね。。

 

各地のマラソン大会の動向について

ここでは、各地のマラソン大会の動向についてお伝えしていきます。

2020年2月23日(日)に開催予定だった「世界遺産姫路城マラソン2020」は中止が発表されました。(公式ホームページはこちら

全国各地及び海外から1万人規模のランナーが参加するため、安全を考慮して中止を決断したとのことです。

参加予定の方への対応は現在検討中とのことです。(2020年2月19日現在)

 

2020年3月8日(日)に開催予定だった石川県七尾市の「能登和倉万葉の里マラソン2020」も中止との発表がありました。(情報元はこちら

参加料の払い戻しはないとの発表がありました。(こちらからご覧いただけます!)

 

2020年2月23日(日)に開催予定だった、「第14回ふかやシティハーフマラソン」も中止が発表されています。(情報元はこちら

同じく参加料の払い戻しはありませんが、参加賞とプログラムを後日発送し、次回大会に優先的に申込ができる措置を取るとのことです。

 

名古屋ウィメンズマラソン2020は、開催の可否を検討中です。(2020年2月19日現在)

参考記事:3.8名古屋ウィメンズマラソンは開催可否を協議中 早急に結論発表 シミンランナーから多数の問い合わせ

 

名古屋ウィメンズマラソン2020が中止の場合の考察については下の記事を参考にしていただければと思います。

名古屋ウィメンズマラソン2020は中止?延期?参加料の払い戻しは?2020年3月1日(日)に開催される東京マラソンの一般参加が中止になることが発表されました。(エリート選手のみ実施) 原因は感染が広が...

 

この記事のまとめと考察

ここまで、「鹿児島マラソンは中止?開催?中止すべきとの意見も!最終判断はいつ?」ということで、鹿児島マラソンの開催の対応を中心にお伝えしてきました!

 

最後にここまでのまとめと考察をしていきたいと思います!

・鹿児島マラソン2020の公式ホームページにて、「鹿児島マラソン2020の開催に向けて準備を進めている」との文言あり

・大会開催の最終判断は大会当日の午前4時半(予定)に大会ホームページで発表

・鹿児島マラソン2020の開催予定に対して、中止すべきとの意見も多く見られます

・各地のマラソン大会では中止や開催可否の検討などの対応が取られている

【考察】近隣の都道府県で感染者が確認されない限り開催するのではないでしょうか。

最後の考察はあくまで個人的な見解ですが、

実行委員会が改めて鹿児島市長に大会を予定通り開く方針であることを報告したとの報道もありましたので、近隣の都道府県などで感染が確認されない限り開催という形は崩さないのではないかと思います。

開催まで少し期間が空いているので、何かしら続報が入る可能性がありますので注視しておきましょう。

 

今回は以上となります!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です