イベント

名古屋ウィメンズマラソン2020は中止?延期?参加料の払い戻しは?

2020年3月1日(日)に開催される東京マラソンの一般参加が中止になることが発表されました。(エリート選手のみ実施)

原因は感染が広がっている新型コロナウイルスですが、現状を考えると仕方のないことだと思います。

しかしそれ以上に衝撃だったのが、「中止となった一般参加者は来年の出走権を付与するが参加料の返金はしない」といった報道です。

参考記事:東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

今の状況だと、2020年3月8日(日)に開催を控える名古屋ウィメンズマラソン2020も中止や延期になるのではないかと気になる方も多いと思います。

また、東京マラソンと同様に参加料の払い戻しはあるのかも気になりますよね。

さらに少し余談ですが、完走者の特典であるティファニーはどうなってしまうのかも気になるところです。

 

そこで、今回は「名古屋ウィメンズマラソン2020は中止?延期?参加料の払い戻しは?」と題して、名古屋ウィメンズマラソン2020の対応について調べました!

Sponsored Links

名古屋ウィメンズマラソン2020は中止?延期?

まず、名古屋ウィメンズマラソン2020の中止や延期の情報ですが、2020年2月18日時点では中止や延期の情報は掲載されていません。

コロナウイルスに関するお知らせは、2月7日に更新された「新型コロナウイルス関連の対応について」というお知らせです。

 

報道においては、2月17日18時30分頃に東京マラソン一般参加者の中止を受け、改めて対応を協議しているとの情報がありました。

参考記事:3.8名古屋ウィメンズマラソンは開催可否を協議中 早急に結論発表 シミンランナーから多数の問い合わせ

 

記事名にもあるように既に多数の問い合わせが入っているようです。

中止や延期については近く発表されるであろう続報を待ちましょう。

名古屋ウィメンズマラソン2020公式ホームページの「よくある質問」では、大会公式Facebookページでも大会参加可否を発表しているとの記載もありますので、こちらでも随時確認ができます!

 

名古屋ウィメンズマラソン2020|参加料の払い戻しは?

次に気になることが、中止になった場合の参加料の払い戻しです。

冒頭でもお伝えしたとおり、東京マラソンでは一般参加者は出走中止、そして来年の出走権を付与と参加料の返金はなしという対応でした。

 

名古屋ウィメンズマラソン2020はどうなるのか規約を確認しながら調べてみましょう!

 

一般参加者の場合は?

まず、名古屋ウィメンズマラソン2020の公式ホームページ「その他」と「申込規約」を確認すると、以下のような記載があります。

その他

①主催者の責によらない事由で大会が中止となった場合、参加料の返金は行いません。

申込規約

⑫地震・風水害・降雪・事件・事故・疫病等による中止の場合、参加料の返金はいたしません。

引用元:名古屋ウィメンズマラソン2020公式ホームページ

この規約を見てみると、新型コロナウイルスの拡大による中止は、

「主催者の責によらない事由」及び「疫病等による中止」に該当すると考えるのが妥当でしょう。

 

ということは、中止になった場合の参加料の返金はしない可能性が高そうですね…

 

エリートの場合は?

一方でエリートの場合はどうなるのでしょうか。

こちらも、名古屋ウィメンズマラソン2020の規約を確認しながら見ていきましょう!

 

エリートの規約には、一般のように中止になった場合の具体的な規約は記載されていませんでした。

東京マラソンと同じようにエリートは開催する可能性が高そうですね。

 

完走者の特典のティファニーは?

名古屋ウィメンズマラソン2020の公式ホームページに、完走者にティファニーのオリジナルペンダントが贈呈されることは告知済みです。

こちらに関してはどうなるのでしょうか。

 

大会の開催自体が未定なので当然ティファニーについても触れていませんが、ティファニー目当ての方もいるでしょうし、現に気にかけている人は多いです。

 

 

ちなみに、中止が発表された東京マラソンでは、

記念品は2020年4月1日以降に順次発送完走メダルは東京マラソン2021を完走した際に2020完走メダルと2021完走メダルを贈呈します東京マラソン公式ホームページから発表がありました。

 

となると、中止になった場合はティファニーも同じ流れを辿るかもしれませんね!

 

今後のマラソンの対応状況は?

名古屋ウィメンズマラソン2020の開催が不透明な状態ですが、今後開催されるマラソンの対応状況はどうなっているのか確認しておきましょう。

 

2020年3月29日(日)に開催される、「穂の国・豊橋ハーフマラソン」では現時点では特に目立った情報はありません。

公式Twitterにも情報は掲載されていません。

 

2020年4月26日(日)に開催される、「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」でも目立った情報はありません。

こちらは公式Facebookが開設されていますが、そちらにも情報は掲載されていません。

 

「周囲の状況を見極めている段階」という報道もあるようですし、少し日が空いているので終息するか否かを見極めている状況なのでしょう。

 

【追記】能登和倉万葉の里マラソン2020は中止との発表

石川県七尾市で開催される「能登和倉万葉の里マラソン2020」は中止との発表がありました。(情報元はこちら

しかも開催される日は、名古屋ウィメンズマラソン2020と同じ2020年3月8日(日)です。

参加料の払い戻しはないとのことです。(こちらからご覧いただけます!)

 

少し風向きが怪しくなってきましたね。

 

【2020年2月19日追記】名古屋ウィメンズマラソン2020直前イベントが中止と発表

2020年2月19日、名古屋ウィメンズマラソン直前イベントである「NB RUN NAGOYA」の中止が発表されました。

同イベントは、名古屋市西区のショッピングモール「Mozoワンダーシティ」で開催予定だったイベントで先着50名によるランニングやワークアウトが行われるイベントでした。

 

小規模のイベントでも中止が発表されていますので、名古屋ウィメンズマラソン自体の開催も危ういのかもしれませんね。。

 

名古屋ウィメンズマラソン2020の開催可否は発表されていませんが、近日中に発表があると思われますので続報を待ちましょう。

 

この記事のまとめと考察

ここまで、「名古屋ウィメンズマラソン2020は中止?延期?参加料の払い戻しは?」ということで、2020年3月8日(日)に開催を控える名古屋ウィメンズマラソン2020の中止や延期情報についてお伝えしてきました。

 

最後にここまでのまとめと考察をしていきます!

・東京マラソンは、来年の出走権を付与するが参加料の返金はしない対応

・現時点では中止や延期といった正式な発表はされていないが、早急に結論を発表との報道あり

・規約を確認する限り、新型コロナウイルスでの中止の場合、参加料の払い戻しはない可能性が高い。

エリート部門の走者は、規定に明文化されていないため、決行する可能性が高そう

【追記】石川県七尾市で開催される「能登和倉万葉の里マラソン2020」は中止!

【追記】2020年2月19日に、名古屋ウィメンズマラソン直前イベントである「NB RUN NAGOYA」の中止が発表されました。

【考察】一般走者は中止、エリート部門の走者は決行ではないかと思います。

最後の考察はあくまで私の個人的な見解ですが、中止となっているマラソンがかなり多くなっているので、一般の部は中止ではないかなと思います。

 

気が気ではないですが、近日中に開催可否が発表されるはずなので続報を待ちましょう。

 

今回は以上となります!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です