ドラマ

【トップナイフ】山口清役の俳優を調査!あのCMが印象に残る俳優!

トップナイフ第4話が2020年2月1日(土)に放送されました!

視聴率は第1話が13.0%、第2話が12.4%、第3話が12.9%と3週連続で2桁をキープし、好調を維持してると言えるのではないでしょうか!

 

本編の内容も非常に濃くなってきて目が離せなくなっています!

 

第4話では3分間しか記憶が持たない患者が登場します!

その友人である男も一緒に登場するのですが、実はある秘密が…!?

 

今回は患者の友人、山口清役を演じていた俳優さんを調査しました!

あのCMが印象に残る俳優さんですよ!

 

それでは、「【トップナイフ】山口清役の俳優を調査!あのCMが印象に残る俳優!」と題して、山口清役を演じていた俳優さんの経歴やプロフィールをお伝えしていきます!

Sponsored Links

【トップナイフ】第4話のゲストと出演者情報

nao
nao
第4話の出演者とゲストの情報はこちらです!
pomu
pomu
他のゲスト出演者も紹介しているからぜひ参考にしてね!

 

出演者情報

 

・小沢真凜役→森田望智(幸子=広瀬アリスとの絡みが多い看護師)

・伏見愛子役→藤本泉(メガネをかけた知的な看護師)

・玉井静香役→宮本茉由(今出川部長=三浦友和の秘書)

・バーテンダー→古川雄大(幸子と急接近!? Barカサブランカのマスター)

 

第3話からの追加出演者

・沢城真実役→桜田ひより

 

第4話のゲスト出演者情報

 

・山田喜和子役→中尾ミエ

・山田喜和子の娘(千春)役→三浦透子

・山口清役(この記事の俳優さんです!)

・内田正役→綾田俊樹

・深山の旦那役(回想)→小市慢太郎

 

【トップナイフ】第4話の予告動画とあらすじを確認

まずは、トップナイフ第4話の予告動画とあらすじを確認していきましょう!

 

~トップナイフ第4話の予告動画~

nao
nao
29秒あたりで車いすを引いてる男性のことだニャ!
pomu
pomu
なんだか物騒な展開だけど一体どうしたの!?

 

深山みやま(天海祐希)たちは救急搬送された記憶のない女性患者(中尾ミエ)の身元特定に頭を抱えていた。
名前もわからず家族に連絡もできない中、複雑な表情を浮かべていた西郡にしごおり(永山絢斗)は、女性患者と自分の関係を告白する。

患者の娘・千春ちはる(三浦透子)によると、女性心臓外科医の第一人者だった患者・喜和子は2年前に脳腫瘍を発症。誰もやりたがらない難手術を西郡が執刀した結果、記憶をなくして徘徊を繰り返すようになったという。
手術ミスのせいで喜和子の人生が台無しになったと千春は西郡を責めていて…。
さらに、喜和子の意外な正体が明らかになる。

そんな中、60代の男性・山口やまぐちきよし(本田博太郎)が幼馴染の内田うちだただし(綾田俊樹)に付き添って病院を訪れる。
記憶が3分しかもたず、自分が33歳だと思い込んでいる内田。彼を親身に世話する清だが、なぜかバッグの中には包丁を隠し持っていて……。
今出川いまでがわ(三浦友和)は清が心に抱えている暗い感情に気づくが……。

黒岩くろいわ(椎名桔平)は西郡が切除しきれなかった腫瘍が喜和子の“逆向性健忘”を引き起こしている可能性に触れ、西郡の脳外科医としての腕を酷評する。
西郡と喜和子との関係を自分と娘の関係に重ねる深山はその夜、カサブランカで顔を合わせた黒岩に言い過ぎだとたしなめるが、「甘い」と切り捨てられて……。
一方、来島きじま(古川雄大)への思いを持て余す幸子さちこ(広瀬アリス)は、自身をコントロールできなくなる中、まさかの来島からの急接近が!

記憶をなくした患者とその周りの人間関係が渦巻く中、深山は脳に刻まれた患者の『真の想い』を読み解いていく・・・。

引用元:トップナイフ公式サイト

 

ちなみに、第2話の予告からBarカサブランカのマスター役、古川雄大さんも予告編のナレーションを務めています!

 

~トップナイフ第4話予告動画(古川雄大さんバージョン)~

放送開始当初から見ている方はちょっとクセになってきているのではないでしょうか?(笑)

 

第2話予告編からの動画は日テレ公式YouTubeチャンネル(こちら)から見ることができますよ!

 

【トップナイフ】山口清役の俳優を調査!あのCMが印象に残る俳優!

トップナイフ第4話のゲスト、山口清役の俳優は、本田博太郎さんでした!

ここからは、トップナイフで山口清役を演じた本田博太郎さんの経歴やプロフィールをご紹介していきます!

~本田博太郎さんのプロフィール~

 

名前:本田 博太郎(ほんだ ひろたろう)

本名:本田 博史(ほんだ ひろし)

生年月日:1951年2月8日

年齢:68歳

血液型:A型

出身地:茨城県

身長:170㎝

職業:俳優

活動時期:1975年~

事務所:マツ・カンパニー

マツ・カンパニー公式サイトはこちら

出演情報(Wikipedia)はこちら

本田博太郎さんは、1951年生まれの現在68歳!

数々の作品に出演されている日本を代表する名バイプレイヤーですね!

 

本名は本田博史さんというお名前なんですが、幼い頃映画で見た三國連太郎さんに憧れて、博太郎という芸名にしたそうです!

本田博太郎さんは、若くして結婚、お子さんを授かり、日々の生活と夢を追うことに葛藤していた1979年に「この舞台を最後にしよう」という思いで臨んだ蜷川幸雄さん演出の舞台、「近松心中物語」で主演の代役に大抜擢され、脚光を浴びました!

 

当時28歳で、帝国劇場での最年少座長記録(当時)も同時に作ったことも脚光も浴びた要因となりました!

 

その後も数多くの作品に出演し、2020年4月からスタートする「警視庁・捜査一課長2020」にレギュラー出演します!(警視庁・操作一課長2020の公式サイトはこちら!)

 

 

トップナイフで本田博太郎さんを見たとき、どこかで見たことがあると思われた方も多かったのではないでしょうか?

なぜなら本田博太郎さんは、生田斗真さんと共演したことが印象的なバスロマンのCMに出演していたんですよ!

冒頭でのあのCMが印象的とは、バスロマンのCMのことです!

nao
nao
見たときは「斗真くん…」という声が聞こえてきそうでしたニャ
pomu
pomu
ホンマかいな(笑)

 

 

生田斗真さんと出演していたバスロマンの動画はこちらです!

nao
nao
同じサムネイルが2枚連続続いてしまったニャ…
pomu
pomu
いや、本田博太郎さんといえばバスロマンだしこれでいいんじゃないかね?

 

 

【トップナイフ】山口清役の俳優を調査!あのCMが印象に残る俳優!まとめ

ここまで、「【トップナイフ】山口清役の俳優を調査!あのCMが印象に残る俳優!」ということで、山口清役の本田博太郎さんの経歴やプロフィールをお伝えしてきました!

 

最後にここまでをまとめておきたいと思います!

・トップナイフ第4話のゲスト、山口清役の俳優は本田博太郎さん!

・日本を代表する名バイプレイヤー!

・2020年4月からスタートする「警視庁・捜査一課長2020」にレギュラー出演!

・バスロマンのCMが印象的な人も多かったのでは?

ますます内容が濃くなり面白さが増してきたトップナイフ!

次回はどんなストーリーとゲストとなっているのか、楽しみですね!

 

【トップナイフ】第3話までのゲスト出演者情報

nao
nao
当ブログでは、トップナイフの出演者やゲストの情報を発信しているニャ!
pomu
pomu
「この人は誰だろう?」と思ったときに活用してくれたら嬉しいです!

ゲスト出演者情報(第3話まで)

 

第1話ゲスト

・脳腫瘍患者の子役→安光隆太郎、田中里念

・上野真里役→長内映里香(幸子=広瀬アリスの診察を受けていた患者役)

 

第2話ゲスト

・牧羽由香里役→松本若菜(ストーカー被害を告白した患者役)

・田辺美由紀役→内田慈(黒岩先生の元カノ役)

 

第3話ゲスト

・赤坂進次郞役→金井勇太(関西弁しか喋れなくなった患者役)

・赤坂進次郞の彼女役→藤井千帆

・神戸一郎役→池田成志

・神戸優子役→河合優実

 

今回は以上となります!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です