日常の疑問

インドへのビザ無効|再入国はできる?入国済みの日本人への対応は?

2020年3月3日(火)、インドが日本へのビザを無効にするというニュースが入ってきました。

新型コロナウイルスが影響していますが、突然のニュースに動揺した方も多いのではないでしょうか。

 

情報が定かではない部分はありますが、

再入国はできる?

入国済みの日本人への対応は?

再会はいつなのか?

など気になることがたくさんあると思います。

 

今ある可能な限りの情報からお伝えしていこうと思います!

それでは、「インドへのビザ無効|再入国はできる?入国済みの日本人への対応は?」ということで、インドへのビザ無効について、現時点での情報をお伝えしていきます。

Sponsored Links

インドへのビザ無効|再入国はできる?入国済みの日本人への対応は?

冒頭でもお伝えしたとおり、インドが日本へのビザを無効にするというニュースが報じられました。

参考記事:インド、日本人へのビザ無効に

上記記事の中には、

・新型コロナウイルスの拡大を防ぐため、日本人に発行されたビザを無効すること

・入国する場合には再取得が必要であること

既に入国している日本人のビザは無効の対象外であること

が記載されています。

 

入国済みの日本人はビザ無効の対象外です。

入国済みの日本人への対応についてはひとまず安心していただければと思います。

 

 

インド大使館からの発表内容について

インド大使館からも今回のビザ無効について発表がされています。(うまく引用できなかったのでこちらでPDFを確認できます)

 

インド大使館からの発表内容を要約すると、

1.2020年3月3日以前にイタリア、イラン、韓国、日本国籍の方に発給された通常のビザ(パスポート貼付型)、e-Visaで、ビザが未使用(未入国)の場合、全てのビザが一時停止になる。(入国不可)

 

2.2020年2月1日またはそれ以降に中国やイラン、イタリア、韓国、日本に旅行した全ての外国人に対して発行された通常のビザ(パスポート貼付型)、e-Visaで、ビザが未使用(未入国)の場合、全てのビザが一時停止になる。(入国不可)

 

3.全ての外国人、またはインド国民で、空港・国境・港の入国管理局からインドへ入国される方については、入国時に保健担当官と入国管理官に対し、個人情報やインド国内における連絡先や旅行履歴等を記した正式な自己申告書を提出するよう義務づけられた。

 

以上をまとめると、

2020年3月3日以前イタリア、イラン、韓国、日本国籍の方に発給された未使用のビザが一時停止

2020年2月1日またはそれ以降に中国やイラン、イタリア、韓国、日本に旅行したインド以外の国の人に対して発行された未使用のビザが一時停止

インドへ入国する全ての人が、入国時に保健担当官と入国管理官に対し、個人情報やインド国内における連絡先や旅行履歴等を記した正式な自己申告書を提出する義務が発生

停止されるビザに関しては、未使用(未入国)のビザが対象になるようです。

再入国の条件やビザ発行の再会がいつなのかは明記されていませんので、続報を待つしかなさそうです。

 

さらに詳しい内容は上記PDFをご確認下さい。

 

インドへのビザ無効|再入国はできる?入国済みの日本人への対応は?まとめ

ここまで、「インドへのビザ無効|再入国はできる?入国済みの日本人への対応は?」ということで、インドへのビザ無効について、現時点での情報をお伝えしてきました。

 

現在判明していることは、

入国済みの日本人はビザ無効の対象外

・停止されるビザは、未使用(未入国)のビザが対象

・再入国の条件やビザ発行の再会は明言なし

といったところです。

 

まだ発表されたばかりなので続報を待ちながら情報を集めるしかなさそうです。

 

今回は以上となります!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です